fc2ブログ
topimage

2021-12

小さなお店は、超巨大企業に飲み込まれていくのか? - 2021.10.21 Thu

近年、GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)と呼ばれる大企業が、
勢力を拡大し、中小企業の仕事をどんどん奪ってきています。



例えば、骨董業界も、これまでの店舗からヤフオクのような
ネットでの個人売買が増えてきています。(私も愛用者)


小売業界も、Amazonや楽天のようなネット販売。
人材紹介業界も、LinkedInのような海外プラットフォーム。
宿泊業界は、Airbnbの台頭。
旅行代理店などは、Expediaなどの予約サイト。


果たして、小さな会社は、今後、淘汰されていくのだろうか?

私も、人ごとではないので、考えてみることにしました。

考えていく上で、骨董が私にとって、一番身近なので、分析してみようと思います。


まず、ヤフオク。

私は、結構、使っており、また、見るだけでも楽しいです。
(下手な骨董市よりも、良い物があります。)

ただ、一番の問題は、真贋の不安が常につきまとうということです。

安いものなら、問題はないのでしょうが、高い品を買うとなると、
やはり、信頼がおける古美術商で買ったほうがいいのです。。


将来、ヤフオクがAIを搭載し、AIがある程度、鑑定結果を出すまでいけば、
やばいことになるかもしれませんが、これはなかなか難しいかと思います。

あと、いつの時代にも、人は、人とのふれあいを求めているものです。
(私が、古いタイプの人間なだけなのかもしれませんが。。。)

Youtubeで何かを勉強することも無料でできますが、
やはり、直接、人から教えてもらったほうが身につきます。

例えば、私が、今習っている茶道も、Youtubeで学ぶことができますが、
先生に怒られたり、緊張したりして学ぶことで上達できます。

でも、Youtubeでは、それがありません。


おそらく、専門性のないビジネスは、GAFAなどに取って代わられてしまう危険性が
大きいのですが、ニッチなビジネス、また、専門性や特殊性が高いビジネス、
人と交流することが重視されるビジネスは、まだまだ安泰のような気がします。


これから、求められるのは、そういう特化したビジネスモデル。


Amazonのおかげ?で随分、本屋で本を買うことがなくなってしまったが、
もし骨董や美術に特化した本屋があれば面白いかもしれない。


例えば、骨董やアートの新書だけではなく、オークションのカタログや
海外のアート関係の本やあまり有名でない芸術家の本のみならず、
美術館のチケットを販売したり、子供向けのアート教室や
たまに、若手アーティストや専門家の対談などがある本屋があると、
生き残れる可能性が高まるのでは?と思ったりしてみます。

さらに、アート好きが集まる拠点になれば、広告費を払っても、
カタログや商品を置かせてくれというところも出てくるかもしれません。
(勝手な思いつきと妄想ですが。(笑)


とにかく、とことん特化することこそが、
生き残るための道なのではないかと考えています。




最後までお読みいただき、ありがとうございます。m(_ _)m
この記事が面白かったらクリックしよろしくお願いします。

↓↓
ランキング


骨董好きな人のためのサイト(と掲示板)を作ってみました。
↓↓
イケてる骨董
関連記事
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

これからの世界。(日本) «  | BLOG TOP |  » 引き際が肝心。

プロフィール

tomotopus2

Author:tomotopus2
骨董にはまった駆け出しコレクターが、骨董に関するあれこれからコレクションの収集までの悪戦苦闘の日々を綴ります。

イケてる骨董プロジェクト

イケてる骨董
↑↑
めくるめく骨董の世界へようこそ!骨董好きな方のためにサイトを作ってみました。

最新記事

カテゴリ

骨董コレクターへの第一歩 (153)
骨董ジャンル (86)
ガンダーラ美術(ヘレニズム) (32)
現代アート (13)
日本美術、民藝 (26)
コレクション (15)
骨董・アート関連書籍(書評) (41)
美術館、骨董市、展示会、オークション、古美術商情報 (38)
歴史ネタ (16)
海外放浪記 (45)
カンボジア旅行記 (9)
イラン旅行記 (7)
フランス・スイス旅行記 (11)
中国・台湾旅行記 (2)
ミャンマー旅行記 (8)
イタリア(西方)見聞録 (5)
国内旅行 (7)
徒然なるままに(日常ネタ) (88)
自己紹介 (2)
人生でやるべきリスト (6)
外国人向けビジネス (6)
茶道 (22)

最新コメント

問い合わせ (Contact)

名前 (Name):
メール (Mail):
件名 (Title):
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

PVアクセスランキング にほんブログ村