FC2ブログ
topimage

2020-10

目白コレクションでの出会い。 - 2020.10.24 Sat

先週、小雨の中、開催された目白コレクションに行ってきました。

個人的には、目白コレクションは、非常に質が高い物が多いので、
私は、毎年2回(春、秋)、行くようにしています。(今年の春は、コロナで中止)


この日、良い物を見て、満足して帰る予定でしたが、やはり、
いくつか良いなと思うものに出会ってしまいました。

その中で1点、気になるものがあり、どうしようか悩みましたが、
優柔不断な私は、毎回、その場で即決することができません。(笑)

その日は、帰りましたが、やはり、気になる。。。。。。

催事が終わった時に、その業者に電話をしてみると、
どうやら売れ残っているというではないですか。。。。

そんな訳で、昨日、その業者のお店に行き、結局、購入しました。


民藝運動化、柳宗悦さんの本に、書いていましたが、

「物を見れば、困っても買いたいのである。
困ることがなお蒐集の心をそそるのである。

困らないような者は、この道でひとかどの人間ではなかろう。
毎月これこれの予算内で購うというようなのは、まだ奥義には達していない。
そんなやり方は、冷静だからできるのである。」
(「茶と美」 柳宗悦(著) より抜粋)
と。


良いものに出会ってしまったら、欲しくなる。。

ただ、お金ということを考えて、我慢すると、心の叫びを抑えることにもなってしまう。。
この辺、どうコントロールするか難しいところですが、無関心、無感動でいるよりかは、
この衝動を大事にしていきたいとも思います。

少なくとも、骨董収集を始め、多くのことを学び、出会い、楽しんでいるので、
私にとっては、プラスだと考えます。


とは、申しても、多少は、節約をしなければいけません。(笑)

何か買ったら、いらないものを処分するようにしています。
(留学時代に、アンティークショップで購入したものをヤフオクで売却予定。)

あと、最近、家の近くに図書館があることに気づきました。

本代も馬鹿にならないので、図書館で借りるという手があったということで、
早速、今日図書館に出向き、気になる本を借りてきました。

本は、買うのは良いけれど、売るのに困ります。
ほとんど二束三文でしか売ることができません。。

それでもって、Amazonなんかで、ポチポチ買うので。。。


今回、コレクションに加えた品、また、近く、
ブログに掲載する予定ですので、お楽しみに!


この記事が面白かったらクリックしよろしくお願いします。
↓↓
ランキング猫

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


骨董好きな人のためのサイト(と掲示板)を作ってみました。
↓↓
イケてる骨董

スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフオクでの売買の注意点。騙しのテクニック - 2020.10.24 Sat

少し前に、ブログに書いたヤフオクでの購入は、注意しないといけないということ。

この数年、色々と見てきましたが、怪しいものが、本当に多く、
特に、注意しないといけないのは、売り出している業者がいくつものアカウントを使い、
いかにも、コレクターが競り合っているように見せていることです。。。。


少し気になるものがあり、調べてみると、とある業者が売りに出しているもの。

競り合っている2つの商品を見た所、競り合っている人のアカウントは、
同じものでした。(なんと5つも別アカウントを使っていました。)


その商品が同じタイプのものであれば、万に一つ、同じコレクターが、
それぞれ別の商品を同時期に競り合っているとも言えるでしょう。

ただ、その2つ、同じタイプのものではありません。。。

コレクター同士が競り合っているように見えるからと言って、
安心して、その中に飛び込み購入すると、痛い目に合うでしょう。。
(実は、私も、一度やられた口です!)


次に、ガンダーラと思われる作品。

業者が、時代など、しっかりと書いていない商品には気をつける必要があります。

業者自身が、信用しているものには、3世紀、4世紀と書いています。

ただ、時代がなく、単にガンダーラと書いているものは、
後で、贋作だと言われたときに、逃げるための手段でしょう。

書き方や写真の見せ方をぼかしています。

つい先日も、そんな物を見つけ、質問をしてみました。

「いつの時代のものですか?」

すると、

「北魏時代のものだと聞いてますが、私は、プロではありません。」

との回答がありました。。。。

明らかに、作風は、北魏の仏像ではなく、ガンダーラ仏像です。。。


さらに、酷いものは、さも、昭和初期の売立で扱われた商品のように見せるため、
売立目録を載せていますが、目録を載せているだけでそこで扱われた訳ではありません。

ですので、ヤフオクで、少し気になれば、突っ込んで聞いてみると良いでしょう。

しっかりした売り主は、きちんと回答しますが、そうでない売り主は、
問題にならないように曖昧な答えが返ってくるはずです。

以上、ヤフオクでの購入には、十分な注意が必要です。

この記事が面白かったらクリックしよろしくお願いします。
↓↓
ランキング猫

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


骨董好きな人のためのサイト(と掲示板)を作ってみました。
↓↓
イケてる骨董

このエントリーをはてなブックマークに追加

未来を見通す弊害。心のブレーキ - 2020.10.21 Wed

子供の時は、今その瞬間を大事に生きていた気がします。
(なぜなら、子供は、将来を予測することができないからです。)

振り返る過去もなく、将来を見通す能力もなかったので
結果として、今日という日を生きていたのだと思います。

大人になると、生活も安定する一方で、変に将来を考えてしまい、
起こりもしないトラブルを考えて、気が滅入ることがあります。

(今の私が、そうです。)

例えば、買いたい物があるが、将来の蓄えなどを考え、買えない。
まだ起こってもいないトラブルや老後を心配し、不安になる。
(子供の時なら、飛行機に乗る時のワクワクも、
今では、飛行機が落ちるのではないか?と考えます。)


将来を見通す能力を手に入れた結果、いつの間にか
心にブレーキをかけるようになってしまったのです。


昔は、ブレーキを掛けていなかったし、そもそも、ブレーキ自体がなかった。

果たして、ブレーキを掛け続けることは、良いことなのだろうか???


いつの間にか、ブレーキを実装した私でも、このブレーキを外せる時があります。

それが、海外旅行です。

今でも、全く知らない海外に行くと、その日を過ごすことに
集中するため、未来を考える暇もなく、一日が有意義です。
(ここ数年では、イラン、ミャンマー、カンボジア、イタリアなど)

知らない国に旅行に行く時、前述したように、現地でトラブルに巻き込まれるのでは?
飛行機は大丈夫か?紛争は?など、考えだしたらきりがありません。

そんな時の解決策は、考えないようにすること。そして、後戻りできないようにすること。


具体的に言うと、航空券だけ購入し、あとは、出発の日まで放置です。
(心のブレーキを外し、旅行の計画も、飛行機の中で考えるようにします。)


ただ、これをすると、結果、良い事だらけです。

旅先で、いろいろな経験ができるし、人と出会い、成長できます。。。
(トラブルさえも楽しい。)


これを日常生活に取り込むことができないだろうか?というのが、今日のテーマです。


書いていることを読み返しながら、答えを探すと。。。。。

予測できない1日にすること。

これが、答えのようにも思います。


朝起きた瞬間から、その日、何が起こるか分かれる(想定できる)ほど、
つまらないものはありません。
(あくまで、私の考えです。)

脳に将来を考えさせる暇を与えないほど、想定を超える刺激を与え続ければ良いのです。
(と言っても、これが非常に非常に難しい。。。)

凝り固まった既存概念を壊し、未知なることに挑戦する。
知らない人に声をかけたり、知らない道を通ってみる。

ワクワクドキドキがあれば、ストレスが生まれるということはなく、
逆に、ストレスがあるということは、ワクワクドキドキがないからです。

さて、今日一日をどう生きよう?


未熟な私としては、もっともっと成長させたいです。

この記事が面白かったらクリックしよろしくお願いします。
↓↓
ランキング猫

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


骨董好きな人のためのサイト(と掲示板)を作ってみました。
↓↓
イケてる骨董

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロマンと感動を求めて縄文土器を焼いてみた。 - 2020.10.18 Sun

少し前から、陶芸に興味を持ち、陶芸教室に通いたいな。
と考えたりしていましたが、コロナのせいで、近くの陶芸教室は、いまだ、開かず。

だったら、自分で少しやってみようと、友人Kの田舎の家で焼きました。。

縄文土器

と言っても、普通の陶芸ではなく、縄文時代の頃の野焼きという方法。


釉薬などかけず、火で焼く、いわゆる土器です。

縄文土器
「ロマンと感動をつたえる 野焼き粘土 1kg 250円」

ただ、実際に、ろくろを使わず、手捻りでつくりましたが、
形を作ろうとするとかなり難しい。。。。

大きい土器は、諦め、小ぶりの時にすぐに変更しました。。

縄文土器

私が、目指したのは、これ。

縄文土器
私のコレクションの縄文土器


でも、出来上がったのは、これ。
縄文土器

そして、土偶。
縄文土器

縄文土器と比べると、土がカチンカチンと乾いた音がする。
色合いも、縄文土器の深さがない、軽い色合い。。


全くもって、これじゃない感満載です。(笑)

いや。。。縄文人、すごいなと思いました。

自分で思い描く品ができれば、もう高いお金を出して買う必要はないと
思いましたが、理想とは現実は違いました。。。

ただ、実際に、体験してみると、勉強になりました。

今度は、きちんとした陶芸教室に通って、腕を上げたいと思います。


その後、一宿一飯のお礼として、今日は、友人の苺の苗植えを手伝いしました。
(と言えば、聞こえは良いが、実際は、強制的に手伝わされました。)

日頃運動をしていない私にとっては、重労働でヒイヒイです。。


この記事が面白かったらクリックしよろしくお願いします。
↓↓
ランキング猫

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


骨董好きな人のためのサイト(と掲示板)を作ってみました。
↓↓
イケてる骨董

このエントリーをはてなブックマークに追加

目利きと五感と幸せ - 2020.10.11 Sun

私の友達に、私のコレクションを見せると、
「なんでこんなものにお金を出すのか?」と、理解されません。


正直悲しく、私は、なんでこの良さが分からないんだ!と思います。

ただ、よくよく考えてみれば、私自身も、数年前までは、
古美術品を見ても、さして感動することはありませんでした。。。。


この数年、勉強してきた中で、ようやく、あ、これは贋作だな。お土産レベルだな。
あ、これは、良いな。素晴らしいな。と思うようになってきました。

最近では、古い木の板にさえも、美しいと思う始末。(笑)


目利きになるためには、たくさん良いものを見るに限る、
というように、まさに、それしかないのだと思います。


そうして初めて、そのものが持つ良さに気付けるようになるのです!


一方で、私には、音楽の良さが、分かりません。

子供の頃から今まで、友達は、流行っている歌手とかに熱中してましたが、
まったくもって関心を持ちませんでした。。。自分でも不思議に思うほどです。

(お気に入りの歌手や曲もなければ、CDなんかも買ったことはありません。)

今も、友達が、コンサートに行ったり、このグループや曲、良いだろうと、
熱く語りますが、うーーん。悪くないね。と答えるしかありません。。。


また、少し前に宿泊した旅館の食事が美味しく、感動し、お店の人と話しました。

すると、お店の人、「あ、結構良い舌をお持ちですね。」

「普段、インスタントラーメンを食べたりとか不規則な生活されている方が、
たまに来るが、そういう人は、なかなか細かい味が分からないんですよ。

私も、以前は、分からなかったんです。」

と話していました。

私が、良い舌を持っているかは分かりませんが、
私のフランスの友達は、ワインに関しては、驚くほど細かいです。


私は、そんなに味の違いが分かりませんし、以前、
一緒に飲んだワインも彼のように覚えていません。


以上のことから考えるに、やはり、興味を持ち、良い物に触れて、
初めてそのものの良さが徐々に分かるようになってくるのだと思います。


とう言うことは、たくさんの良いものに触れると、五感が研ぎ澄まされていき、
日々の生活の中で、感動や幸せに包まれるということになるのだと思います。


そういえば、1年ほど、華道(生花)を習ってみましたが、そのおかげで、
今は、街中を歩いている際に、道端や花屋にある花を見て、あ、綺麗だな、
良いなと思うようになりました。(以前は、気にもしなかったことです。。)



この記事が面白かったらクリックしよろしくお願いします。
↓↓
ランキング猫

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


骨董好きな人のためのサイト(と掲示板)を作ってみました。
↓↓
イケてる骨董

このエントリーをはてなブックマークに追加

骨董病の恐ろしさと対処法 - 2020.10.08 Thu

今日は、収集にあたり最も大事な出口に関して書いてみようと思います。

出口とは、コレクションの売却の事です。

収集したコレクション、ずーと保有できるかと言えば、そうでもなく、
急にお金が必要になったり、より高いものを買うために手持ちのものを売却したい。
終活のために、コレクションを処分したいなど色々とあるでしょう。


今回のコロナの際に、とある大物コレクターが、仕事に行き詰まり、
コレクションを売却しようにも、買い手が見つからないとか。


長年収集してきたコレクターが、高齢のため入院中に、
子供が、二束三文で業者に売ってしまったり。


と、出口で失敗することが多いような気がします。


骨董品は、お金があれば、買うのは簡単。
でも、売るのは、非常に難しい。


私も、まだ、年数は浅いのですが、コレクションを処分したことがありました。


まず、これは、私の収集品ではなく、実家にあった祖父母の集めた工芸品。

業者に売却した際は、殆ど値がつかず、はした金。
でも、手間ですが、ヤフオクで一つ一つ売った時は、意外に値が付きました。

ある程度のものであれば、ヤフオクで売るのもありだと思います。


次に、私の収集品に関してです。

学生時代に、海外の骨董市で購入したものは、
同じくらいの値段でヤフオクで売ることができました。


ヤフオクで購入したものは、ほぼ購入時の値段で売ることができると思いますが、
気をつけないといけないのは、ヤフオク内にいる業者から買う時です。

贋作(もどき)も平気で扱っているし、何よりも、別のアカウントで、
自分たちで競り上げなど自作自演をしているようなケースが結構あります。

そんなものを掴んでしまった時は、購入時の半額でしか売ることができません。。。

初心者の頃は、相場観などが分からず、高値づかみしたものもありました。(泣)


次に、古美術商で購入したものに関してです。

古美術商で購入したものは、やはり、そこそこクオリティー(値段も)が高く、
また、購入した古美術商の関係からヤフオクでは売れません。

(売ると、売ってくれた古美術商にバレてしまうでしょう。(笑)

だから、基本、売りたい時は、購入した古美術商に一度、話をするのが筋です。

(良いお客さんを抱えている業者であれば、良い値で引き取ってくれるでしょう。)

私の場合、ある業者さんでは、買った時の6割で買い取ってもらいました。
(この時は、少し不満を言われましたが。。。)

別の業者では、さらに上位の物を同じ業者から買う場合、買取値は、9割でした。


そして、全くの初心者であった私ですが、この数年で自分なりのコレクション対象を見つけ、
売買もいくつか行い、本を読んだり、古美術商の人と話してきた中で、全くの初心者から、
中級者くらいには、レベルアップできたのかな。。と思っています。

そんな私が、思うのは、やはり、中途半端なものは売るときに困るということです。

私自身、中途半端なものは買うつもりはなく、買うなら高くても良いものを買いたい!
と思うようになってきていると言うことです。


中途半端な品は、探せばいくらでも見つかるのですが、
誰もが探しているような品は、そんなになくあってもすぐに売れてしまう。

そして、一度逃せば、同じような出会いが来るまで、
また、数ヶ月、1年と待たなくてもならないということです。。。

だから、上級者であればあるほど、そういうことを知っているし、
すでに、骨董病に罹っていて、無理しても欲しがるようになるのです。。

金銭感覚も麻痺しています。

以前であれば、数万円の買い物が高いものだと思うのですが、
収集し、良いものを見てきた結果、数十万円でも安いと思うようになります。

それは、決して、懐具合が良いわけではなく、この品物が、
この金額で買えるのは安いという意味で、お金持ちになったわけではありません。(笑)

自分の懐からあまりにかけ離れた金額であれば、諦めがつくものですが、
少し無理をすれば買えそうなものであれば、無理をしてしまうのが収集家という者です。

これが、骨董病の恐ろしい実態です。


さて、少し話がそれましたが、そういうどうしようもない人は、
やはり、高くても良いものを欲しがるようになりますが、
そもそもそういうものは数が少ないので、良い物ほど買い手は
すぐつくし、高くても買ってくれるわけです。

ガラクタであれば、誰もが見向きもしませんが、超一級品であれば、
世界中から飛行機でオークションに参加しに来るのです。

古美術商の所に行くと、良い物が入荷しているとすぐに目に止まります。

一方、そこそこのものは、無理をして買いたいと思いません。


最後に、まとめると、出口として考えた際、

1:民藝のようなもの(普段使い)であれば、特に気にせず、購入し、同じ額で売却。

2:一方、収集しているものに関しては、できるだけ、良いものを購入。
(中途半端なものほど、後々、損をしてしまいます。)

というのが、現時点での私の辿り着いた答えです。


では、骨董病に罹ってしまい、治療する方法はあるのか?という答えは、知りません。。。

(ただ、しっかりと出口さえ考えて収集に努めれば、実生活に悪影響をもたらすことはないものと思います。)

この記事が面白かったらクリックしよろしくお願いします。
↓↓
ランキング猫

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


骨董好きな人のためのサイト(と掲示板)を作ってみました。
↓↓
イケてる骨董

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガンダーラコレクション(ヴァジュラパーニ(金剛力士) - 2020.10.07 Wed

先日の古美術商Sさんの訪問より、私の知的好奇心に少し火が付きました。

Sさんに教えてもらった同じ作品でも、並べるだけでこうも印象が
変わるという体験は、私にとって、結構衝撃的なものでした。


本当にアートの世界、奥が深いなと思った次第です。
(やはり、本や独学だけだと、なかなか学べない。。。)


さて、私のコレクションも、少し見直そうと思い、
以前、購入したガンダーラ作品を紹介させていただきます。


ガンダーラ ヴァジュラパーニ
ハッダのストゥッコ像(紀元3世紀ごろ)

ガンダーラのストゥッコ(漆喰)は、ガンダーラ美術の後期に流行り始めたもので、
有名なものは、アフガニスタンのハッダという場所です。

この作品は、紀元3世紀頃のハッダのもので、
仏様を守るヴァジュラパーニ(金剛力士)です。

(左手には、剣を持っています。)

このヴァジュラパーニは、もともとの起源は、ギリシャのヘラクレス。

それが、ガンダーラでヴァジュラパーニとなり、
その後、日本に伝わり、金剛力士になりました。


さて、この作品は、古美術商Sさんから購入したもので、もともとは、
ガンダーラを収集しているとある地方のお寺に納めようとしたそうです。


ただ、写真を撮ってメールで送り、梱包して配送するのも大変なので、
私に声をかけてきてくれました。

ストゥッコの中でも、この像の肌は、非常にきめ細かでなめらかです。

ほんわずか、当時の色彩の跡(朱色)が残っています。



そして、私が、気に入っているのは、この像の手。

ガンダーラ ヴァジュラパーニ

なんとも艶かしく、勝手に、「ガンダーラのヴィーナス」(金剛力士は男ですが(笑)、
あるいは、「ガンダーラの考える人」と名付けています。

ま、人によっては、(というか、多くの人?)は、なんでこんなものと思うかもしれません。

でも、エジプト美術でもなく、クメール美術、ローマ美術でもなく、私は、好きなんです。
(恐らくは、その時代の持つロマンに惹かれているのでしょう。)


ストゥッコの良いところは、石のような表現の硬さがなく、
なんとも温かみのある表現ができることです。


一級品のストゥッコ像は、神々しく、やさしい表情をしています。

いつか、私のコレクションにも1点、そんな風なストゥッコ像を加えたいなと思ってます。


この記事が面白かったらクリックしよろしくお願いします。
↓↓
ランキング猫

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


骨董好きな人のためのサイト(と掲示板)を作ってみました。
↓↓
イケてる骨董

このエントリーをはてなブックマークに追加

前のブログ記事に戻る «  | BLOG TOP |  » 次のブログ記事を読む

プロフィール

tomotopus2

Author:tomotopus2
骨董にはまった駆け出しコレクターが、骨董に関するあれこれからコレクションの収集までの悪戦苦闘の日々を綴ります。

イケてる骨董プロジェクト

イケてる骨董
↑↑
めくるめく骨董の世界へようこそ!骨董好きな方のためにサイトを作ってみました。

最新記事

カテゴリ

骨董コレクターへの第一歩 (117)
骨董ジャンル (66)
ガンダーラ美術(ヘレニズム) (28)
現代アート (13)
日本美術、民藝 (13)
コレクション (12)
骨董・アート関連書籍(書評) (35)
美術館、骨董市、展示会、オークション、古美術商情報 (30)
歴史ネタ (15)
海外放浪記 (45)
カンボジア旅行記 (9)
イラン旅行記 (7)
フランス・スイス旅行記 (11)
中国・台湾旅行記 (2)
ミャンマー旅行記 (8)
イタリア(西方)見聞録 (5)
国内旅行 (4)
徒然なるままに(日常ネタ) (59)
自己紹介 (2)
人生でやるべきリスト (2)

最新コメント

問い合わせ・コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

PVアクセスランキング にほんブログ村