topimage

2017-10

現代アートの若手アーティストに絵を発注してみる。 - 2017.01.24 Tue

今年の目標の1つに、現代アートの絵を買うという目標があります。

正直、現代アートの世界には、私的には、否定的な部分があります。
(ビジネス的になりすぎて、新の芸術といえるのか?)

ただ、否定してばかりだと駄目なので、一歩、足を踏み出して、理解したいと思います。


あと、骨董の勉強をしているうちに気づいたのですが、
骨董は、人を癒やしてくれます。


言ってみれば、品のいいおじいちゃんだと思ってます。

しかし、癒やされてばかりだと駄目ですし、挑戦、チャレンジをする必要があります。

やんちゃな元気を与えてくれる現代アートも面白いのではと考えるようになりました。
(個人的には、骨董と現代アートの組み合わせはある意味相性が良いのではと思ってます。)

家族を構成する場合も、おじいちゃんばかりだと成り立ちません。
そこに、若者や子供がいないとちょっと厳しいです。

(かという、私は、今だに独り者ですが。。。)



年明け、骨董ジャンボリーに行った際も、骨董以外にも絵が売られてましたが、
誰の作品なのか?贋作なのか?よく分かりません。

良さげに見えるものはありましたが、怖くて買えません。


現代アートの長所として、現在いるアーティストから購入できるので、
偽物はないところです。なるほどな。。。。と思います。


そんな風な考えを抱きながら、私の誕生日の日、ネットで検索していると、
ちょっと気になるアーティストの作品を見つけました。


そして、思い切って、そのアーティストにメールをしてみました。

翌日返信があり、今は売れて手元に作品がないので、描いてもらえることになりました。

まだ、若手のアーティストなので、私でも手が出せる価格です。

数回、メールをした後、発注することになりました。4週間後の完成予定です。

どんな絵が出来上がるのか?また、お知らせします。

ブログが面白ければ、是非、クリックをしてください。m(_ _)m
↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

ご訪問、ありがとうございます!

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

人生もアート、起業もアート。何かを作り出す行為。 «  | BLOG TOP |  » 海底に眠る沈没船。

プロフィール

tomotopus2

Author:tomotopus2
骨董にはまった駆け出しコレクターが、骨董に関するあれこれからコレクションの収集までの悪戦苦闘の日々を綴ります。

カテゴリ

骨董コレクターへの第一歩 (62)
骨董ジャンル (30)
ガンダーラ美術(ヘレニズム) (12)
現代アート (11)
日本刀(短刀) (1)
コレクション (6)
美術館、骨董市、展示会、オークション、古美術商情報 (12)
歴史ネタ (2)
海外放浪記 (16)
カンボジア旅行記 (8)
イラン旅行記 (7)
その他 (1)
徒然なるままに(非日常ネタ) (12)
自己紹介 (2)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

問い合わせ・コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する