topimage

2017-10

東南アジア、骨董ハンターのコラムで夜更かし。 - 2017.01.04 Wed

私が好きな作家の中に、島津法樹さんという方がいます。


「魔境アジア お宝探索記」 著:島津法樹

東南アジアの骨董に詳しく、40代に大手企業を退職した後、
海外を駆け巡り、骨董品の収集をしてきた人です。


骨董と言えば、日本の骨董関係の本が多い中で、彼は、海外、
しかも、現地で危ない橋を渡ってきている異色の骨董屋。
(海外まで仕入れに行っている骨董屋は、稀だったりします。)

さらに、ざっくばらんに書いているので、読んでいるとワクワクします。

昨日、たまたま、島津さんのコラムを見つけ、
読んでいると、夜中2時過ぎになってしまいました。(汗)


→ 損する骨董、得する骨董(コラム)


このコラムの中で、面白い内容を幾つかピックアップして記録として残しておきます。

島津さんの場合、海外の事情を知っており、骨董を通じて、富裕層も知っています。

以前、金融関係の仕事をして、今は、起業している私としては、
海外の富裕層の資産の作り方にも非常に興味があります。


・島津さん曰く、世界の富裕層の多くは、不動産への投資を行っている。

・土地を購入し、壊した廃材も売却するたくましさも持っている。

・誰もが欲しがる国際的な価値を持ったものへ投資する。

・骨董を購入し、それに付加価値をつけることが大事。

(鑑定書、その他もろもろの証明書をつける。)

・一級品は、人を引きつける。それが、収入になる。
(美術品をわざわざ見に、博物館に行くように。)

・場所を変え、仕入れ地を発見して売り場を考えると
この世界はまだまだビジネスになる。


読んでいると非常に骨董やビジネスの勉強にもなりますし、
こういう旅行も楽しそうだなとふと思いながら、夜が更けていくのでありました。


興味がある方は、無料なので読んでみてください。ハマります。

→ 損する骨董、得する骨董(コラム)


ブログが面白ければ、是非、クリックをしてください。m(_ _)m
↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

ご訪問、ありがとうございます!

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

ふと気づけば、1月半ば。 «  | BLOG TOP |  » あけましておめでとうございます。今年(2017年)の抱負。

プロフィール

tomotopus2

Author:tomotopus2
骨董にはまった駆け出しコレクターが、骨董に関するあれこれからコレクションの収集までの悪戦苦闘の日々を綴ります。

カテゴリ

骨董コレクターへの第一歩 (62)
骨董ジャンル (30)
ガンダーラ美術(ヘレニズム) (12)
現代アート (11)
日本刀(短刀) (1)
コレクション (6)
美術館、骨董市、展示会、オークション、古美術商情報 (12)
歴史ネタ (2)
海外放浪記 (16)
カンボジア旅行記 (8)
イラン旅行記 (7)
その他 (1)
徒然なるままに(非日常ネタ) (12)
自己紹介 (2)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

問い合わせ・コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する