topimage

2017-10

日本一の古美術商と東京3大古美術商 - 2016.10.14 Fri

古美術商もピンからキリまであります。

骨董市とかは気軽に覗けますが、駆け出しのコレクターにとっては古美術商は、入って良いものか?
なぜか、緊張してしまいます。なかなか入りにくいです。。。

と言っても、パン屋や服屋と同じで物を販売している商売です。
でも、なぜか、骨董だと、こうも雰囲気が違うのか?不思議なところです。。


さて、聞いた話によれば、東京の3大美術商と言えば、

壺中居 
(東京都中央区日本橋3-8-5)

龍泉堂
(東京都中央区京橋2-5-9)

不言堂

だとのことです。

そして、日本一の古美術商と言えば、

古美術 柳

と、聞きました。

数千万円から数億円もする博物館クラスの超一級品もあるお店だとのこと。

一度は、訪れて、機会があれば、お客さんにでもなりたいものですが、
なかなか足を踏み込む勇気がありません。


ブログが面白ければ、是非、クリックをしてください。m(_ _)m
↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

ご訪問、ありがとうございます!

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

一級の美術品が揃う東美特別展 «  | BLOG TOP |  » 骨董で儲けるためには。人間の移り変わりと流行。

プロフィール

tomotopus2

Author:tomotopus2
骨董にはまった駆け出しコレクターが、骨董に関するあれこれからコレクションの収集までの悪戦苦闘の日々を綴ります。

カテゴリ

骨董コレクターへの第一歩 (62)
骨董ジャンル (30)
ガンダーラ美術(ヘレニズム) (12)
現代アート (11)
日本刀(短刀) (1)
コレクション (6)
美術館、骨董市、展示会、オークション、古美術商情報 (12)
歴史ネタ (2)
海外放浪記 (16)
カンボジア旅行記 (8)
イラン旅行記 (7)
その他 (1)
徒然なるままに(非日常ネタ) (12)
自己紹介 (2)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

問い合わせ・コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する