topimage

2017-10

アンコールワットも見て思う。(カンボジア旅行記4) - 2016.07.19 Tue

昨日、ようやくアンコールワットを見に行ってきました。

アンコール
延々と続く石畳。

アンコール

アンコール
アンコールワットの頂上の塔より。


アンコールワットの後、近くのアンコールトム遺跡などなど見て回りましたが、
地図で見ると、歩いていけるかなと思いましたが、毎回、トゥクトゥクでの移動。


かなり距離があり、広大でした。。。

今回は、トゥクトゥクのドライバーのSamiさんにガイドをしてもらったので、
効率よく回れましたが、そうでないと正直、大変だったと思います。


しかし、これまで海外を旅行して見てきた遺跡の中で、
カンボジアの遺跡群は、巨大だということです。


エジプトのピラミッドもでかくはありましたが、労力、資金、技術などを考えると、
カンボジアの遺跡にはとんでもなく思えます。。。


もしかすると、他の遺跡も同じほど大きかったのかもしれませんが、
アンコールワットは、近代に発見されるまでジャングルの中に埋もれていたのが、
破壊や略奪から守られてきたのかも。。

しかし、今の時代、同じものを作ろうと思えば、恐らく無理です。。

当時の技術、資金、何より、これらを作り上げる労働力、また、それをコントロールする統治力。


かつての人類は、人々が同じ方向に進んでいたのかもしれません。

でも、今は、なんだか混沌としており、我々は、方向性を見失っているのではないかと、
ふと思いました。。世界は、今後、どこに向かっていくのでしょうか?


ブログが面白ければ、是非、クリックをしてください。m(_ _)m
↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

ご訪問、ありがとうございます!

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

日本人が知らないカンボジア。(カンボジア旅行記5) «  | BLOG TOP |  » 天空の城、ラピュタは実在した。(カンボジア旅行記3)

プロフィール

tomotopus2

Author:tomotopus2
骨董にはまった駆け出しコレクターが、骨董に関するあれこれからコレクションの収集までの悪戦苦闘の日々を綴ります。

カテゴリ

骨董コレクターへの第一歩 (62)
骨董ジャンル (30)
ガンダーラ美術(ヘレニズム) (12)
現代アート (11)
日本刀(短刀) (1)
コレクション (6)
美術館、骨董市、展示会、オークション、古美術商情報 (12)
歴史ネタ (2)
海外放浪記 (16)
カンボジア旅行記 (8)
イラン旅行記 (7)
その他 (1)
徒然なるままに(非日常ネタ) (12)
自己紹介 (2)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

問い合わせ・コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する