topimage

2017-10

美を求めて、カンボジア(カンボジア旅行記1) - 2016.07.15 Fri

美を求めて、カンボジアにやって来ました。

香港
乗り換えの香港。

ちょうど仕事が落ち着く時なので、同僚と相談し、早めの夏季休みを取ることにしました。

せっかくなので、海外に行こうと思い、決めた先が、カンボジア。
(アンコールワットを一度、見てみたかったからです。)

本当は、ギリシャにも行きたいが、旅費的に高そうだし、
ガンダーラが見れるアフガニスタンは危険だし。


ということで、まだ、一度も行ったことがなく、アンコールワットもあり、
ガンダーラ美術ではないけれど、同様のクメール美術がある、カンボジアに決めたのでした。

昨日、カンボジアのシェムリアップに到着したばかりです。

シェムリアップ
アンコールワットへの玄関口、シェムリアップ

午前中は、シェムリップの街をぶらぶらしました。暑いです。。。。

シェムリアップ
アンコール国立博物館

クメール美術の彫刻がある国立博物館を見てきました。

正直、ガンダーラ美術には近いけれど、インドの影響を受けたクメール美術は、
個人的には、まだ、惹かれるものはありません。

それでも、展示室Aにあった彫刻と膨大な青銅製の仏像は圧巻でした。
(写真撮影禁止なので、撮影できなかったのが残念。m(_ _)m


ちなみに、個人的な好みですが、(現時点での)、
ギリシャ彫刻は、私には上品すぎて、クメール彫刻は、顔がタイプではなく、
ガンダーラ彫刻は、上品な感じだけど、原始的なところが好きです。

追伸:
ようやく、ブログのタイトルにあった内容のブログを書けるようになってきました。

他の古美術・骨董のブログ。
↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

ご訪問、ありがとうございます!

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

クメール美術、東南アジアの巨大王国。(カンボジア旅行記2) «  | BLOG TOP |  » 古代ギリシャ展 ナイト・ミュージアム

プロフィール

tomotopus2

Author:tomotopus2
骨董にはまった駆け出しコレクターが、骨董に関するあれこれからコレクションの収集までの悪戦苦闘の日々を綴ります。

カテゴリ

骨董コレクターへの第一歩 (62)
骨董ジャンル (30)
ガンダーラ美術(ヘレニズム) (12)
現代アート (11)
日本刀(短刀) (1)
コレクション (6)
美術館、骨董市、展示会、オークション、古美術商情報 (12)
歴史ネタ (2)
海外放浪記 (16)
カンボジア旅行記 (8)
イラン旅行記 (7)
その他 (1)
徒然なるままに(非日常ネタ) (12)
自己紹介 (2)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

問い合わせ・コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する