topimage

2017-10

東京都美術館のブリューゲル「バベルの塔」展 - 2017.05.27 Sat

今日、上野にある東京都美術館のブリューゲル「バベルの塔」展を見てきました。

バベル展

あまり中世の絵は、好きではないのですが、
ブリューゲルの「バベルの塔」は一度見てみたかったです。

旧約聖書にあるバベルの塔。

かつては、人類は共通の言語を話していた。

神に近づきたく、バベルの塔を建築し、神を目指す傲慢な人間たちに
怒った神は、2度とそういう行為をさせないように、共通の言語をなくし、
人類は、世界各地に散らばっていったという話です。



私は、神を目指して高みを目指す、あくなき向上心は好きです。

別に、神を目指したって良いのにと思います。(仮に実現不可能な夢だとしても。)

高みを目指して、頑張っている姿こそ、素晴らしいと思います!


そんな訳で、バベルの塔は個人的には、大好きです。

実際、絵は、思ったより小さい絵でしたが、細かく描かれており、
迫力もあり、色合いも良かったです。


自分の家に飾り、一人で眺めてみたいな。と思いました。

でも、仮に、バベルの塔のような絵があったとしても、
飾れるにふさわしいスペースがありません。。。。

目下、課題は、飾る場所です。

本当は、コレクションしている物も、きちんと照明をあてて、
きちんと飾れる場所があれば最高なのですが。。。



ブログが面白ければ、是非、クリックをしてください。m(_ _)m
↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

ご訪問、ありがとうございます!

スポンサーサイト

● COMMENT ●

今日行かれたのですね。明日Eテレ日曜美術館で放送されますからさらに混んできそうですね。私は再来週に行く予定です。ウイーン美術史美術館のバベルの塔の方が大きな作品だったかと。お気に入りの骨董や絵画をより美しく演出するインテリアを想像するのも楽しいですね。
ちなみに私も今日は上野で美術鑑賞でしたよ!西洋美術館で28日で開催終了のシャセリオー展(19世紀フランス・ロマン主義の異才)を観ました。オリエンタリズムの画家で魅了されました。

Re: タイトルなし

とここさん。お久しぶりです。シャセリオー展をご覧になられたのですね!私も、少し気になりましたが、正直、まだその辺は良く分かりません。コレクションとして家に飾るのならという考えで見に行っていますので、西洋の絵は、日本の家には合わないよな。。。と思ってます。でも、ガンダーラなどの彫像は別ですが。(笑)。また、考えが変わるかもしれません。現代アートは、西洋も東洋も関係ない図柄なので、飾るには良いです。でも、バベルの塔は、いい絵だなと純粋に思いました。(うちの家には飾れませんが。(笑)


管理者にだけ表示を許可する

これまで考えたことがなかった漢字=アート?! «  | BLOG TOP |  » 世界の気になる美術館、博物館。

プロフィール

tomotopus2

Author:tomotopus2
骨董にはまった駆け出しコレクターが、骨董に関するあれこれからコレクションの収集までの悪戦苦闘の日々を綴ります。

カテゴリ

骨董コレクターへの第一歩 (62)
骨董ジャンル (30)
ガンダーラ美術(ヘレニズム) (12)
現代アート (11)
日本刀(短刀) (1)
コレクション (6)
美術館、骨董市、展示会、オークション、古美術商情報 (12)
歴史ネタ (2)
海外放浪記 (16)
カンボジア旅行記 (8)
イラン旅行記 (7)
その他 (1)
徒然なるままに(非日常ネタ) (12)
自己紹介 (2)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

問い合わせ・コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する