FC2ブログ
topimage

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴代皇帝の至宝が眠る。台湾、故宮博物館! - 2017.11.02 Thu

今、台湾に来ています。

台湾

台湾

台湾

そして、台湾といえば、故宮博物館!

故宮

歴代中国皇帝が収集していた至宝を国民政府の蒋介石が、戦火や
日本軍から守るべく南方へ疎開させ、その後、毛沢東に敗れた蒋介石が、
その財宝を台湾に持ち込みました。

ルーブル美術館、エルミタージュ美術館と並ぶ、重要な博物館が故宮博物館なのです!

そして、台湾の至宝といえば、翡翠でできた白菜。

故宮

個人的には、これがどこまですごいのかはよく分かりません。m(_ _)m
(なぜなら、これ以外にもっと素晴らしい物が故宮博物館にはあります。)

ちなみに、中国の古美術、私の趣味ではないので、
正直、あまり興味はありませんでした。

ただ、それでも、故宮美術館に展示されている品々は、非常にクオリティーが高く、
すごいなと思いました。(しかも、展示されているのは中国美術だけですから、すごい!)


故宮

故宮<

故宮

故宮


相変わらず、書画、陶器の良さは、あまり理解できません。。。

コレクションしたいとは思いませんし、例え、偽物が展示されていたとしても、
へー、これが本物なのか?と思う程度の知識と興味です。

しかし、それでも、素晴らしいものが多かったです。

こちらなんか、超絶技術を駆使した作品!


故宮

故宮

数ある中国美術の中で興味を引いたのが、戦国春秋時代、周時代の青銅器。
(やはり、古代の物には、なぜか惹きつけられてしまいます。)

故宮

故宮

私のお気に入り。

故宮
(西周晩期 水器 BC9世紀からBC771年)

台湾の故宮、素晴らしいの一言でしたが、展示されているものは、
数ある財宝の中の3%だけだそうです。。。。

恐るべし、中国皇帝の収集品!

想像を遥かに超えた彼らの財力と権力!

世界を見渡しても、ここまで残っている歴史上のお宝はないと思います。

機会があれば、また、中国美術を勉強して訪れたいものです。

他の骨董ブログは、こちら。
↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

ご訪問、ありがとうございます!

スポンサーサイト

【中国】失われた中国美術。中国第5の都市、武漢で見た風景。 - 2016.11.08 Tue

週末と祝日を利用して数日、中国第5の都市、武漢に行ってきました。

武漢

フランス人の親友が、中国人女性と結婚し、
9ヶ月前から中国に住んでいるから会いに行ってき次第です。


ちなみに、私は、なぜか、あまり中国美術には関心はありません。
(中華料理には興味がありますが。(笑)


中国美術と言えば、1966年から1976年に中国で吹き荒れた文化大革命。

「封建的文化、資本主義文化を批判し、新しく社会主義文化を創生しよう」という名目の下、
中国の古い文化が否定され、貴重な文化財などが紅衛兵に燃やされ破壊されたました。


そのため、中国には、古美術品が少なく、日本に難を逃れていた
中国美術を求めて、中国人が日本に買いに来ている訳です。


ただ、今回の旅行で目にしたのは、夕暮れ時に広場に水を使って書を描く人たち。

中国 書

古き良き時代の残りです。

昨今、中国の現代アートから古い書画などへの回帰も起こっているそうです。

文化大革命の時に失ってしまったからこその美への反動なのかもしれません。


中華料理

中華料理
武漢で食事したザリガニたち。

ブログが面白ければ、是非、クリックをしてください。m(_ _)m
↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

ご訪問、ありがとうございます!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

tomotopus2

Author:tomotopus2
骨董にはまった駆け出しコレクターが、骨董に関するあれこれからコレクションの収集までの悪戦苦闘の日々を綴ります。

カテゴリ

骨董コレクターへの第一歩 (63)
骨董ジャンル (29)
ガンダーラ美術(ヘレニズム) (13)
現代アート (10)
日本刀(短刀) (1)
コレクション (5)
骨董・アート関連書籍(書評) (21)
美術館、骨董市、展示会、オークション、古美術商情報 (21)
歴史ネタ (3)
海外放浪記 (26)
カンボジア旅行記 (9)
イラン旅行記 (7)
フランス・スイス旅行記 (7)
中国・台湾旅行記 (2)
徒然なるままに(非日常ネタ) (20)
自己紹介 (2)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

問い合わせ・コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。