FC2ブログ
topimage

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クメール美術ガンダーラ美術との相違点。文化の国、カンボジアより(カンボジア体験記。) - 2018.07.20 Fri

今、カンボジアのシェムリアップに来ています。

アンコールワットなどの遺跡群がある街で、今回が2回目の滞在です。

クメール文化は、9世紀から15世紀に東南アジアに一大勢力を築いた文明です。

その後、滅亡し、アンコールワットの遺跡は、19世紀頃まで忘れ去られていました。

カンボジア

ヒンドゥー教、そして、仏教が混じり合っているのが特徴ですが、
遺跡の多くには、その面影が見られます。



私の好きなガンダーラ美術は、仏教に影響を受けていますが、
ヒンドゥー教とは一体何のか?この機会に調べてみました。


ヒンドゥー教の前身は、紀元前2000年頃にアーリア人がイランからインド北西部に侵入し、
彼らは前1500年頃ヴェーダを成立させ、これに基づくバラモン教を信仰しました。


その後、ヒンドゥー教は紀元前5 - 4世紀に顕在化し始め、
紀元後4 - 5世紀に当時優勢であった仏教を凌ぐようになったそうです。

ちょうど、ガンダーラ美術が消えていく、5世紀頃が
インドやその周辺における転換期なのかもしれません。


アンコールワットのクメール美術は、5世紀以降の
インド美術に強く影響を受けていると思います。

(そもそもヒンドゥー教自体、インド発祥なので、宗教とともに美術も伝播したのでしょう。)

以前の旅行のときには、気にしませんでしたが、今回の旅行で、
ふとガンダーラとの類似性が少しあることに気づきました。

カンボジア
宮殿などを守るコブラ(ヒュドラ?)とライオン像。

カンボジア
これ、ガンダーラ美術にも見られるモチーフです。

ちなみに、これは、アンコールワット周辺で撮影したお気に入りの写真です。

カンボジア
まるで生きているかのような猿の彫像。というか、本物の猿でした。(笑)

カンボジア
遺跡を眺める猫。

カンボジア
当時の漁が伺える生き生きとしたモチーフ。これは、すごく好きです。

カンボジア
苔の中に埋もれている石像


アンコールワットを見て思うのは、どんなに偉大な文明だったとしても、
滅亡してしまうという事実。

カンボジア

カンボジア

カンボジア

アンコールワット遺跡は、幸運にもジャングルに埋もれ、長く、破壊や略奪の手から
逃れていましたが、1000年前の遺跡ですら、こんな発見時は、風化や崩壊が
進んでいたそうなので、2000年前(紀元前)に近い遺跡は、ほぼ消滅してしまっているのでしょう。

文明とは、何なのか?

カンボジアを見ていると、まだまだ発展途上国で日本と比べると暮らし向きが、
え?と驚くような部分があります。

半裸で仕事していたり、貧しい生活をしていたり、道路の舗装も凸凹。

でも、そこには、笑顔があるし、たくましく行きているカンボジア人がいます。

カンボジア

カンボジア

文明は、文化を駆逐するとあるように、もし、もっと発展し、科学技術が浸透すれば、
これらの生活も失われていくのかもしれません。


果たして、生活を向上し、金銭的に豊かになることがいいことなのか?


先進国である日本人や欧米人は、発展途上の国を上から目線で見がちかもしれませんが、
それは、間違っている考え方なのかもしれません。


自然とともにあり、遺跡とともにある彼らにとっては、骨董品収集をしたいと思わない気がします。
なぜなら、その辺に日常的にたくさんあるものであり、収集するものではありません。
(このことは、前回、スイスを旅行した際にも感じたことです。)

一方、文明が進み、文化が貧しくなった国は、
骨董収集やアート収集に励むのかもしれないと感じています。


今、先進国でアート収集が盛んになっているのは、文化を求めている反動かもしれません。
(特に、顕著なのが、アメリカで、ここ最近は、中国です。そして、私も。)

骨董収集、アート収集をしている意味に気づき、文化を取り戻すことは、
行き過ぎている文明の発達を止めることになるでしょう。


最後に、カンボジアで見た最高のアート。(日没です。)

カンボジア

カンボジア

残念ながら、曇りがちでしたが、それでも、一瞬、太陽の光が素晴らしく輝きました!


以上、文化の国、カンボジアでの体験で、3泊4日の旅行でしたが、
本日、文明の国、日本へ帰国します。


この記事が面白かったらクリックしてください。
↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

ご訪問、ありがとうございます!

スポンサーサイト

世界の遺跡をめぐる旅。次回は。。。 - 2016.07.31 Sun

カンボジアから帰国し、日常生活が始まりました。

カンボジア
カンボジア上空より

やはり、海外はいいもので、できるだけ、行くようにしたいと思います。


昨今、テロなどにより、行ける国がどんどん少なくなってきました。


治安が悪くなる前に、以前、エジプト、トルコに行っておいてよかったと思いますが、
中東は、個人的に好きな地域で、まだまだ行きたかった国は多いです。

イラク、アフガニスタン、レバノンなど、歴史あふれる国なのに。。。


ちなみに、知り合いのフランス人がEUの仕事で数カ月前に、
アフガニスタンのカブールに行ったそうです。


滞在中は、厚さ3cmのガラスの車に、武装した警官2名が同行したのだとか。。。


いずれにしても、また、海外旅行に行くために、今は、頑張って仕事して、
時間とお金を作らないといけないです。

でも、カンボジアに行き、リフレッシュできたので、仕事に対するモチベーションUPです。


最後に、カンボジアの写真を整理していて見つけた写真です。

なかなかいいクメール美術の写真なので載せておきます。
クメール美術


ブログが面白ければ、是非、クリックをしてください。m(_ _)m
↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

ご訪問、ありがとうございます!

贋作に騙される。(カンボジア旅行記7) - 2016.07.24 Sun

前回書いたブログですが、その後、驚くべきことが判明しました。

ホテル
部屋に置いてある仏陀の彫刻
クメール美術というよりガンダーラの仏像に似ている気がする。
ただ、耳たぶが非常に大きいし、髪型が違う。。でも、雰囲気は、似てるんですよね。。
クメール美術は、よく分からないものの、ちょっと欲しくなるくらいの一級品な予感がする。


とかなんとか、書きましたが、仲良くなったホテルのスタッフ曰く、
あれは偽物だよ。オリジナルは、別のところにあるのだとか。。。。


え?!!?

●●の歩き方のガイドブックには、骨董品が配置されたまるでギャラリーのようなホテルと、
掲載があったので、そのまま信用してましたが。。。


贋作も見抜けない自分の目は、まだまだです。てか、恥ずかしい。。T_T

いまさらながら、先入観は怖いなと思いました。
(博物館だから本物というのも考え物ですね。)

ただ、先入観がなかったとしても、恐らく、見分けることができなかったでしょう。。


贋作

贋作
こんな感じで、いい具合に、耳とか壊れ具合がいかにも本物ぽく見えます。

贋作
部屋にあるもう一つの彫刻。別段、気に入ってはいませんでしたが、
ただ、古びた感じがあるので、これも古いんだろうなと思ってました。


贋作
ホテルのロビーに飾ってある彫像。プノンペンの博物館にオリジナルがあるそうですが、
これは、スタッフの私も本物だと思ってしまうよと話してました。


贋作
細工が細かい上、ご丁寧にも、首のところがあえて、ヒビが入っているのが、それっぽい。

常日頃、贋作を見てみたいと思ってましたが、まさか、贋作を真作と思ってしまうとは。。。
何をもって、美と見るのか?分からないものですね。修業が足りないです。。。

本当にいい勉強になりました!
(やはり、まだ、自分の目は信用せずに、購入の際は、信頼できる古美術商を通すべきでしょうね。)


ちなみに、今日、ホテル近くの骨董屋(ギャラリー)2軒に立ち寄りました。

1軒目は、明らかに、新しいもので、骨董というよりお土産ものでした。
2軒目のお店は、見た感じ本物ぽくもありましたが、新しいものも混ざっていて、
正直、真贋よく分からないし、欲しいものはなかったので、一瞥して出ました。


いつの日にか、本物と贋作が見分けられるようになる日が来る事を夢見て、頑張ります!


追伸:
ちなみに、ホテルに関してですが、配置された物は、残念ながらオリジナルではありませんでしたが、
スタッフの皆は優しく、また、過剰とも言えるほどの細かい気配りとサービスをしてくれます。
(ちょっと外出するたびに、部屋を掃除してくれたり、使ったタオルが新しくなっていたり、
水のボトルが補充されていたり、消えているロウソクがつけられていたりします。)

通常は、1日1回の掃除なのですが、このホテルは、頻繁にしてくれます。


ブログが面白ければ、是非、クリックをしてください。m(_ _)m
↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

ご訪問、ありがとうございます!

アンティーク(骨董)ホテル(カンボジア旅行記6) - 2016.07.22 Fri

旅の終わりに、アンティークで飾られているというホテルに宿泊してみました。

ホテル
ホテルの入り口。

ホテル
ホテルロビー

ホテル
私の部屋。

ホテル
部屋に置いてある仏陀の彫刻
クメール美術というよりガンダーラの仏像に似ている気がする。
ただ、耳たぶが非常に大きいし、髪型が違う。。でも、雰囲気は、似てるんですよね。。
クメール美術は、よく分からないものの、ちょっと欲しくなるくらいの一級品な予感がする。

ホテル
ホテルのプール。
(カンボジアのプールは、なぜかどこも塩辛い。)

ホテル
屋外の彫刻
ちょっとこれは珍しい馬の彫刻。

と、アンティ―クで飾られたホテルです。

これまで宿泊したカンボジアのホテルの中では、一番高いです。
それでも、日本のビジネスホテルと同じ値段です。

程よく、配置されたアンティークの配置の仕方は、勉強になります。

将来、私の部屋もこんな風に飾りたいものです。
(ただ、そうするためには、1つ、インパクトのある大きめの彫刻が欲しいものです。)


ブログが面白ければ、是非、クリックをしてください。m(_ _)m
↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

ご訪問、ありがとうございます!

日本人が知らないカンボジア。(カンボジア旅行記5) - 2016.07.22 Fri

カンボジア旅行も大詰め。

遺跡巡りは、さすがに、疲れたので、少しカンボジア(シェムリアップ)の街をぶらぶらしています。

ここで、カンボジアについての総括をしておきます。

と、その前に、カンボジアを知らない人のために、ちょっと地図を。

カンボジア

東南アジアのタイやベトナムと違い、その間にはさまれたカンボジアは、
アンコールワット遺跡があるにも関わらずマイナーな国です。

(現地の旅行代理店の関係者が言ってましたが、圧倒的に観光客は、カンボジアよりベトナムだとか。)


私は、ベトナムやタイにも行ったことがありますが、カンボジアは、意外に穴場で驚かされました。


・自然が一杯。(街中にもトカゲや虫がいます。)


・物価が安いのに、食事、ホテルの質は、非常に高い。

カンボジア
カンボジア
カンボジア
朝食付き、プール付きのホテルで、なんと40ドル(4000円)、日本では考えられない安さです。

カンボジア
カンボジア牛。

海外に行ったときは、食事で泣かされることが多いのですが、
安くて3ドルで簡単な食事が食べれます。(10ドルでも十分)

しかも、野菜盛りだくさんだし、美味しい。


・治安もいい。

カンボジア
カンボジア
カンボジア

昨今のテロ問題は、なんのその。欧米人の観光客が、友達、家族でたくさん来てました。
ここには、混沌する海外の中でも安全な国の一つだと思います。


一方、平均月収200ドルという所得水準のカンボジア。

カンボジア

シェムリアップ郊外の水上の町は、やはり貧しいです。
(5メートルの高床式の家。雨季は、下の梁の部分が水に浸かるそうです。)


日本人には、まだまだ知られていないですが、今後、大きく注目を浴びると思います。

その国の芸術文化を知る上で、やはりその国を知ることが重要です。

クメール美術

クメール美術を学ぶ上で、カンボジアは、最適の国です。
(破壊されていない豊富な遺跡が残っています。)

ブログが面白ければ、是非、クリックをしてください。m(_ _)m
↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ

ご訪問、ありがとうございます!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

tomotopus2

Author:tomotopus2
骨董にはまった駆け出しコレクターが、骨董に関するあれこれからコレクションの収集までの悪戦苦闘の日々を綴ります。

カテゴリ

骨董コレクターへの第一歩 (63)
骨董ジャンル (29)
ガンダーラ美術(ヘレニズム) (13)
現代アート (10)
日本刀(短刀) (1)
コレクション (5)
骨董・アート関連書籍(書評) (21)
美術館、骨董市、展示会、オークション、古美術商情報 (21)
歴史ネタ (3)
海外放浪記 (26)
カンボジア旅行記 (9)
イラン旅行記 (7)
フランス・スイス旅行記 (7)
中国・台湾旅行記 (2)
徒然なるままに(非日常ネタ) (20)
自己紹介 (2)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

問い合わせ・コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。